調剤薬局がお届けする耳の病気に関する解説するサイト

耳の痛みと他の臓器の病気の可能性

耳が痛いときに考えられるのは耳の病気です。もちろん耳の病気が原因で痛みを感じることがほとんどなのですが、まれに耳鼻科でも原因不明ということもあります。ある人は、耳が時々痛くなり塞がっている感じが何日も続いたために耳鼻科へ行ったところ、原因が分からなかったのだとか。そして鍼治療を受け、そうした症状が改善したというのです。骨格と内臓と精神は連動していて、骨格のゆがみが臓器に悪影響を及ぼし、耳の痛みへとつながっていたというのです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

実際に、鍼治療を受けてみると耳の閉塞感や痛みがなくなったそうです。骨格のゆがみと耳の痛みが結びつく人はなかなかいないでしょうが、東洋医学からみれば、そうした悪影響が体に現れることは当たり前と言えるようです。骨格がゆがむことで背骨にも影響しますが、背骨の両側からは内臓を支配する神経が出ています。そうした神経がゆがみによって筋肉のこりやむくみにより圧迫され、内臓が活発に活動することを阻害してしまうのです。そう考えると、骨格の歪みが内臓に影響を及ぼすことも納得できます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

骨盤や背骨が歪むことで腰痛はもちろん、手足のしびれや眼精疲労、耳鳴りなどの症状も引き起こしてしまいます。今骨盤ダイエットが流行しています。これも骨盤の歪みを矯正し、締めることでダイエット効果を期待するものですから、骨格の歪みが私たちの体に様々な弊害をもたらす可能性は十分にあると言えるでしょう。

 

薬剤師国家試験