調剤薬局がお届けする耳の病気に関する解説するサイト

耳鳴り

耳鳴りを知らない、という人はどれくらいいるでしょうか?何も音がしていないのに自分だけに聞こえている音を耳鳴りと呼んでいますが、ほとんどの場合が一時的なものです。耳鳴りを経験しているのは日本人の約10%〜20%くらいだと言われています。60歳を過ぎた高齢になると約30%が耳鳴りを経験しているようですが、耳鳴りが慢性化して悩んでいるのはわずか5%ほど。耳鳴りの仕組みははっきりしたことがまだ分かっていません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

ただ、耳鳴りを伴う耳の病気はいくつかあり、突発性難聴やメニエール病、高齢者に多い老人性難聴、ヘルペスウィルスが原因のラムゼイ・ハント病、薬の副作用で起こる薬剤性内耳障害、あとは自律神経失調症などがあります。また中耳炎や外耳道炎、鼓膜炎など、耳鳴りを引き起こす病気もあります。ただの耳鳴りだと思わずに、気になったら耳鼻咽喉科を訪ねてみるのも良いかもしれません。耳鳴りには2種類あり、他人にも聞こえる他覚的な耳鳴りと音がなっていないのに自分にだけ聞こえる自覚的な耳鳴りがあります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

自覚的な耳鳴りには耳の病気ではなく健康な人でも聞こえる生理的な耳鳴りと、先にあげたような病気が原因で引き起こされる耳鳴りがあります。あと原因不明の耳鳴りもあるのですが、老化現象の可能性もあります。もし耳鳴りの原因が分からなくても耳鳴りを軽くしたり抑える治療があるので、悩む前に病院へ行ってみると良いでしょう。

 

薬局