調剤薬局がお届けする耳の病気に関する解説するサイト

耳掃除をする際の注意点

耳掃除が好きだという人も少なくありません。耳の汚れを気分的にもすっきりしますよね。ただし、正しい耳掃除のやり方を知っておかないと難聴になることもあります。では耳掃除をする際の注意点は何があるでしょうか。耳垢が付くのは3〜4センチある耳外道といわれる器官の入り口3分の1まで。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

しかし耳掃除をしているとどうしても「もっと奥まできれいにしたい」という気持ちから必要以上に奥まで押し込んでしまい、一緒に耳垢を奥へやってしまうこともあります。湿った耳垢だと、それが奥に詰まったせいで難聴になることがあります。また、歩きながら耳掃除をしたり、耳掃除をしているところに子供がぶつかって来て鼓膜を破り、耳鼻科へ駆け込むといったケースもあるようです。そうした危険のない環境で座って耳掃除をしましょう。そもそも耳掃除はどれくらいの頻度ですればいいのでしょうか。実は耳掃除はそれほど重要ではありません。耳垢は掃除するべきと考えている人は多いですが、耳垢は殺菌性があり、保湿の役割もあります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

虫などが入ってくるのも防ぐという効果もあるのです。外耳道の細胞は自浄作用があるため、耳掃除をするとかえって耳垢が付きやすくなってしまいます。耳掃除は2週間に一度、お風呂上りにするぐらいで十分です。その際は綿棒などで入り口付近を掃除すれば大丈夫です。

 

調剤薬局